平成30年度 全国介護相談活動事例報告会 を開催しました

平成30年12月3日(月)に 砂防会館 シェーンバッハ・サボー におきまして

『平成30年度 全国介護相談活動事例報告会』を開催いたしました。

石狩市介護相談員 満保 さとみ 代表世話人の挨拶により開会いたしました。

元厚生大臣 丹羽 雄哉より永年活動表彰者への長年の活動への感謝とお礼のことばをいただき、表彰状の授与をしていただきました。

平成30年度は162名の介護相談員の方を永年活動表彰者として、表彰いたしました。

内、報告会に出席された永年活動表彰者43名に登壇いただきました。

表彰式の後、来賓として、厚生労働省 老健局 大島 一博 局長よりご挨拶を頂きました。

 

続いて、当会代表 菅原 弘子 が、介護相談員派遣等事業の現状報告を行いました。

その後 『上手に老いるための自己点検ノート』活用の意義 と題し

 石黒 秀喜  NPO法人 地域ケア政策ネットワーク 事務局長代理

が講演いたしました。

続いて 生涯現役で活動できるということ と題し

 堀田 力 先生 公益財団法人 さわやか福祉財団 会長

に講演頂きました。

介護相談員、市町村事務局、事業所の方に全国より約450名参加いただきました。

実りある報告会となり、無事終了することが出来ました。

ありがとうございました。

更新:2018/12/7