相談員が受けた相談

トイレに連れていってくれない

【相談内容】

トイレにすぐ連れていってくれない。頼んでも「またなの!」と言われてしまう。

【相談員の対応】

ケアマネジャーに事実確認を依頼する。

【施設の対応】

不満の多い人で、介護職員との関係があまりよくない。本人の誤解による部分も多い。サービスについて本人とゆっくり話し合う。


解説・ポイント

 利用者になぜ不満が多いのか。利用者の個人的資質の問題として片づけるのではなく、背景などを把握することは、サービス援助プランを立てるうえで欠かせないことである。ケアマネジャーは利用者一人ひとりの状況を考慮してプランを立てることは、当り前のことで、そのために「事実確認」をすることは必要である。相談員としては不満を多く口にする利用者の「いい分」を聞くことを忘れてはならない。

更新:2013.8.1