活動支援ツール

介護相談員現任研修テキストⅠ 平成29年度版

市町村事務局を通じての申込となります。

※お申込の際には、自治体等で行なわれる研修カリキュラムを「介護相談・地域づくり連絡会」へFAXまたはメールで送付下さい。

A4判/123頁  (平成29年5月)

2,880円(税込)

※購入申込フォームからお申込み頂けます。

購入申込フォーム

介護相談・地域づくり連絡会による「介護相談員現任研修Ⅰ」で使用されるテキスト。
現任研修とは介護相談員養成研修を修了した介護相談員のためのスキルアップ研修で、現任研修Ⅰでは、養成研修を修了後、初めて現任研修を受講する介護相談員を対象としている。
テキストは介護相談員がより一層充実した介護相談員活動を行えるよう配慮。相談能力や問題解決力の向上と介護保険制度の最新情報が網羅されている。

目次  (下記目次は平成26年度版の内容)

第1章 介護保険制度
  • 1. 介護保険の目的
  • 2. 保険者と被保険者
  • 3. 要介護・要支援認定
  • 4. 介護サービス計画の作成
  • 5. 介護保険で利用できるサービス
  • 6. 保険給付のしくみ
  • 7. 地域支援事業
  • 8. 地域包括支援センター
  • 9. 介護サービス情報の公表
  • 10. 費用の負担
  • 11. 介護保険事業計画
第2章 不適切ケアを見る目を養う
  • 1. 身体拘束はなぜ問題なのか
  • 2. 身体拘束がなくならない背景
  • 3. 身体拘束をなくすために
  • 4. 身体拘束廃止をきっかけに「よりよいケア」の実現を
第3章 自立支援につながる福祉用具

Ⅰ 介護ロボット(ロボット介護機器)と国の政策

  • 1. ロボット新戦略
  • 2. ロボットを活用すべき重点分野
  • 3. 現状と目標
  • 4. 厚生労働省の取組

Ⅱ 福祉用具 よくある相談・対応の仕方

  • 1. 車いす
  • 2. 歩行補助用具
  • 3. トイレ用具
  • 4. 入浴用具
  • 5. 食事
  • 6. 更衣
  • 7. 身だしなみ
  • 8. その他
第4章 市町村の実施情報・意見交換等

Ⅰ 実践活動における事例の検討

  • 1. 相談活動についての情報交換
  • 2. 活動上の悩みと対応の工夫
  • 3. 今後の課題
実践活動における事例の検討