令和元年度 全国介護相談活動事例報告会 を開催しました

令和元年12月9日(月)に 砂防会館 シェーンバッハ・サボー におきまして

『令和元年度 全国介護相談活動事例報告会』を開催いたしました。

令和元年度は、村田 幸子 氏に司会進行をお願いし、全国介護相談活動事例報告会を開催いたしました。

来賓として、厚生労働省 老健局 大島 一博 局長代理 高齢者支援課 齋藤 良太 課長より介護相談員の活動の重要性についてご挨拶いただきました。

続いて元厚生大臣 丹羽 雄哉 氏より永年活動功労表彰者への長年の活動への感謝とお礼のことばをいただきました。

令和元年度は168名の介護相談員の方を永年活動功労表彰者として、表彰いたしました。

内、報告会に出席された永年活動功労表彰者65名に登壇いただきました。

平成16年度活動開始 3名  平成20年度活動開始 2名

平成21年度活動開始 №1 茨城県・群馬県・埼玉県・千葉県 9名

平成21年度活動開始 №2 東京都 13名

平成21年度活動開始 №3 神奈川県横浜市 14名

平成21年度活動開始 №4 神奈川県(横浜市以外)・新潟県・富山県 11名

平成21年度活動開始 №5 石川県・福井県・長野県・静岡県・愛知県・大阪府 13名

 

続いて地域ケア政策ネットワーク事務局長代理 石黒 秀喜 が介護相談員派遣等事業の最新動向について報告を行いました。

その後、厚生労働省 老健局 高齢者支援課 畑 憲一郎 課長補佐に『介護相談員派遣等事業の現状について』と題し、介護相談員派遣等事業の現状及び、高齢者虐待・身体拘束ゼロへの取り組みについて講演いただきました。

最後に、『どうすれば自然な死を迎えられるのか~長生きは本当に幸せか?』と題し、医師でありジャーナリストでもある 株式会社ラ・クイリマ 代表 富家 孝 先生に講演いただきました。

全国より 介護相談員・市町村事務局・事業所の方々 約450名に参加いただきました。

実りのある報告会となり、無事終了することができました。

有難うございました。

 

更新:2019/12/17